痩せ体質の作り方とは?

痩せ体質の作り方とは?

好きなものを好きなだけ食べても太らない、ダイエットとは無縁の「痩せ体質」の人って、”うらやましい”というよりも、”ズルい”と思いませんか?それは遺伝的な体質なのかもしれませんが、「痩せ体質」のDNAを持ってなくても「痩せ体質」になれないものでしょうか。もともと痩せ体質でない人でも「痩せ体質」になる方法をご紹介します。我慢とストレスばかりの苦しいダイエットは卒業したいと思っているそこのアナタ、痩せやすい体質を作る生活習慣を始めてみましょう!



              
【基礎代謝を上げることがダイエット成功のカギ】



太りやすい人と痩せやすい人の違いはなんでしょうか?太りやすい体質の人は「小食なのに太りやすい」「ダイエットしてもなかなか痩せない」ということが多いです。逆にいくら食べても痩せているという人もいます。この違いには、基礎代謝量が関係しているのです。つまり「基礎代謝」を多くすれば、「瘦せ体質」になれるのです。                                 

痩せ体質になるには = 基礎代謝量を増やす

※基礎代謝とは、生命維持のために呼吸したり、内臓などを動かす必要最低限のエネルギー量のことです。


『基礎代謝を上げる!~食事編~』


①食事中はしっかりと噛む。

食事をする時は必ずゆっくりと噛んで食べるようにすると、それだけで満腹感を感じやすくなってきます。 人は物を食べて満腹を感じるまでにかかる時間というものがあり、この満腹感を感じるまでに20分はかかると言われていることから、早食いする人が太りやすいのはこの為です。ゆっくりと噛んで食べるだけで食べ過ぎを防いでくれます。またゆっくりと噛むことで体温が上昇していきます。これは食事をすることで食べた栄養素が熱となって消費され代謝を促進させる、また代謝をアップさせることができます。さらに良く噛むことで満腹中枢が刺激されるだけでなく、交感神経も刺激されることで脂肪の分解と脂肪の燃焼効果も高まります。
食べ物を一口入れたら30回を目安にして噛むとよいでしょう。


②脂肪分の少ないたんぱく質を摂る 

太りにくく痩せやすい身体を手に入れるためには、脂肪分の少ないたんぱく質を積極的に摂り入れることも必要です。鳥のささみや白身魚、脂肪分の少ない動物性などのたんぱく質を摂ることで筋肉量を増やすことが筋肉を維持させていくことが基礎代謝を上げることにつながります。オススメのタンパク質を含む食べ物は「鳥ささみ」「豚もも」「あじ」「まぐろ」「大豆(ゆで)」「納豆」「卵」です。


③食べる順番を考える

食事をする時に意外と出来ていないことにはて食べる順番を意識的に取り入れることでダイエットに繋がります。食べる順番でダイエットに繋がる理由には、血糖の上がり方をコントロールする事とリバウンドしないために必要なことが関係しています。


『基礎代謝を上げる!~運動編~』


基礎代謝を上げる運動は筋トレと有酸素運動です。特におすすめな運動の方法が食事の前に運動をすること。食事の前に運動をする場合は食事の30分前の運動を行うことが良いです。食事前の時間は血糖値が下がった状態のために、この時間に運動をすることで肝臓に溜まっていた糖が血液に流れだすことで糖分を消費することが出来ます。



いかがでしたでしょうか。痩せ体質になる方法は意外と簡単ですよね?基礎代謝を上げるためには食事はもちろん、運動をすることで基礎代謝を上げていくことが出来ます。太る原因には、ただダイエットの失敗だけでなく、身体そのものの基礎代謝が下がってしまっていることが大きな原因にあります。基礎代謝の向上ができなければいくらダイエットしても結果としてリバウンドを招く恐れが高くなります。基礎代謝を上げる食事の取り方と運動をうまく散り入れて痩せやすい体質へと変えていきましょう!

カテゴリー

おすすめランキング

4位以降はこちら
たかの友梨の口コミ・料金・効果
たかの友梨で理想のボディへ!
ミス・パリの口コミ・料金・効果
女性の美、輝くエステ。 ミス・パリで世界品質の輝きを。
おすすめランキング
たかの友梨の口コミ・料金・効果
たかの友梨で理想のボディへ!
ミス・パリの口コミ・料金・効果
女性の美、輝くエステ。 ミス・パリで世界品質の輝きを。
注目ランキング